フリューゲルス ユニフォーム 歴代 6

ジャージで選手支給品です。 M? 表示数: Museum of kyo_akiyamaで展示中の 「横浜F・マリノス 歴代ユニフォーム」 コレクション。現在所蔵している横浜F・マリノスのユニフォームたちです。自身でクラブ公式から購入したもの、中古品専門店で後から購入したもの、オークションサイトで競り落としたものなど様々。 …, 全日空横浜サッカークラブ 塩澤敏彦監督 サポーターオーダーメイドユニフォーム O puma, 全日空横浜サッカークラブ(横浜フリューゲルス) 塩澤敏彦監督 ブンデスリーガとドイツ代表がメインのサッカーユニフォームの古着屋です。選手実使用ユニフォーム&スパイク、選手実支給品や日本代表、プレミア、セリエ、リーガ、Jリーグ、各国代表のマーキング済みユニフォームを中心に販売しています。ネットショップで実店舗はありません。ドイツ代表 ユニフォーム ,ブンデスリーガ ユニフォーム ,バイエルン ユニフォーム,1860ミュンヘン ユニフォーム,ドルトムント ユニフォーム,レバークーゼン ユニフォーム,シャルケ ユニフォーム,マインツ ユニフォーム,町田ゼルビア ユニフォーム,vintage trikot,vintage football shirts, シャツのカテゴリーの説明:(1)選手実使用(Matchworn shirts) 実際に選手が着用されたものです。(2)選手実支給(Matchvorbereitetes shirts) クラブにて準備され選手に支給される予定だったものです。入手元が証明できる物です。(3)選手支給品 チームからの放出品と思われる物、市販されていない物、入手元の証明がない物です。(4)選手用ストック放出品 クラブやメーカーから放出されたシャツにクラブ以外の第三者にてマーキング加工されたもの、またはその可能性があるもの全てをこのカテゴリーとします。(5)市販選手用(オーセンティック) 市販されているもので選手が着用するものと同じ仕様のものをこのカテゴリーとします。. 選択してください エンブレム:ペイント 20 の歴代ユニフォームコレクションです。, 1990年-1991年の日産自動車サッカー部(日産FC)のホームユニフォーム.マリノス誕生直前.サプライヤーはadidasからライセンスを受けていたデサント(この契約は1998年に解消される).後年,2012年の20周年記念ユニフォームでは,全盛期時代の象徴的ユニフォームとしてモチーフの一つにされた.全体に2種類の青を使い薄くストライプに織られた生地で,adidasのロゴも織り込まれている.肩に,ワッペンを際立たせるための白地バンド部分あり.左肩白バンドの上に,日産FCの控えめなエンブレムワッペン,右肩白バンド上は,adidasの黒いプリント.胸の白いadidasロゴ,肩の黒いadidasロゴ,首タグの青いadidasロゴ,生地の無数のadidasロゴ,adidasロゴだらけのユニフォーム.なおこの期間のユニフォームとして,同デザインながら生地がストライプでなく,adidasマークもない無地のものも存在する.公式や報道写真などで,どちらも本物であることは確認できているが,使い分けや経緯は定かでない., 1990&1991-HOME(2)1990年-1991年の日産自動車サッカー部(日産FC)のホームユニフォーム.マリノス誕生直前.サプライヤーはadidasからライセンスを受けていたデサント(この契約は1998年に解消される).後年,2012年の20周年記念ユニフォームでは,全盛期時代の象徴的ユニフォームとしてモチーフの一つにされた.全体にロイヤルブルーの無地.首と袖はトロコロールライン.肩には象徴的なトリコロール3本線.肩先に,ワッペンを際立たせるための白地バンド部分がある.左肩白バンドの上に,日産FCのエンブレムワッペン,右肩白バンド上は,adidasの紺色のプリント.(2)としたのは,この期間のユニフォームとして,同デザインながら全体に2種類の青を使い薄くストライプに織られた生地で,adidasのロゴも織り込まれているものが存在するため.公式や報道写真などで,どちらも本物であることは確認できているが,使い分けや経緯は定かでない., 1992年Jリーグ開幕1年前の”日産FC横浜マリノス”のホームユニフォーム.白襟つき.袖下に鳥の翼イメージの菱形柄.生地は厚手の青無地だがやや光沢あり.旧ロゴAdidas.サプライヤーはadidasのライセンス生産をしていたデサント.背中にはスポンサー無し.選手が着用したものは右肩がJリーグワッペンとYokohamaステッカーで,左肩スポンサーはBP., 1992年Jリーグ開幕1年前の”日産FC横浜マリノス”のアウェイユニフォーム.ホームの色違い.白襟つき.袖下に鳥の翼イメージの菱形柄.生地は白無地.旧ロゴadidas.サプライヤーはadidasのライセンス生産をしていたデサント.背中にはスポンサー無し.右肩がJリーグワッペンで,左肩スポンサーはBP., 1993年Jリーグ開幕1年目のホームユニフォーム.2年間使用された.派手なスノボウェアのようなアシンメトリックのデザイン.生地は光沢あり.サプライヤーはJリーグ一括のミズノ.エンブレムはチーム名無しの刺繍ワッペン.背中スポンサーはKodak.右肩がJリーグワッペンで,左肩スポンサーはBP.当時は背番号固定ではなかった.(固定は1997年から)同じデザインの色違いで,旧2ndと新2ndがある., 1993年Jリーグ開幕1年目の旧2ndユニフォーム.1stの色違いだが,左右脇の下が赤と青で,襟も青グラデーションと,独自デザイン部分もある.試合では左右体の向きによって色が違い,赤や青基調の対戦相手と見分け辛いという理由で,わずか1試合(2試合説あり)しか使用されずに白地の新2ndユニが登場した.サプライヤーはJリーグ一括のミズノ.エンブレムはチーム名無しの刺繍ワッペン.背中スポンサーはKodak.右肩がJリーグワッペンで,左肩スポンサーはBP., 1993年Jリーグ開幕1年目~1996年の4年間使われた新2ndユニフォーム.旧2ndユニフォームが視認性の悪さで使用しないこととなり,初年度中に登場.1st(および旧2nd)の色違い.同デザインの1stは2年間使用であったが,この2ndは4年間使用で過去最長.エンブレムはチーム名無しの刺繍ワッペン.サプライヤーはJリーグ一括のミズノ.背中スポンサーはKodak.右肩がJリーグワッペンで,左肩スポンサーはBP.1995年に優勝したが,翌1996年に”星・J覇者エンブレム付き”のものが市販されたかどうかは不明., 1995年~1996年Jリーグ開幕3年目と4年目の2年間使われたホームユニフォーム.サプライヤーはJリーグ一括のミズノ.左右非対称な縦縞柄.胸前ボタンあり.同デザインの2ndユニフォームは無い.生地に薄く巨大エンブレムが描かれている.前番号がNISSAN下中央に移動した.エンブレムは引き続きチーム名無しの刺繍ワッペン.背中スポンサーはKodak.右肩は'95年はJリーグワッペンだが,'96年は前年チャンピオンを示すヤタガラスマークになって,上に2002W杯招致マークも付いた.エンブレム上にも星.左肩スポンサーは1995年がBPで,1996年がxanavi., 1995年~1996年カップ戦用に2年間使われたホームユニフォーム.左右非対称で左側だけに不規則な格子.同デザインの2ndユニフォームもある.リーグ戦用はサプライヤーがミズノに統一されていたが,このカップ戦用はadidas(デサント).なお1995年版と1996年版では,細部にいくつかの違いがある.95年エンブレムはプリント圧着タイプ.96年はワッペンタイプで前年リーグ制覇の星1つ.Jリーグエンブレムも前年リーグ覇者用の特別なもの(ヤタガラスマーク)で,さらに2002W杯招致ワッペンも付いている.左肩スポンサーもxanaviに.これらの2タイプとは別に,右肩Yokohamaの文字が金色になっている等の優勝記念モデルもある., 1995年~1996年カップ戦用に2年間使われたユニフォームのアウェイ版.adidas(デサント).写真は1996年版であり,1995年版と比べると細部にいくつかの違いがある.エンブレムがプリントでなくワッペンタイプ前年リーグ制覇の星1つが付いている.前年リーグ覇者用の特別なJリーグエンブレム(ヤタガラスマーク)が付いている.タイミング的に2002W杯招致ワッペンが付いている.左肩スポンサーとしてxanavi., 1997年~1998年の2年間使われたホームユニフォーム.Jリーグ初期のmizuno一括ではなくなり,リーグ戦もadidas(デサントがライセンス生産)に戻った.サスペンダーストライプ.ロゴ無しエンブレムワッペンはこのモデルが最終.同デザインの白系2ndユニフォームも揃って2年使われた.背中スポンサーはKodak(最終年)で,左肩スポンサーはxanavi.右肩はJリーグワッペンのほか,1997年版のみ2002W杯招致マークも付いている.なおこの時代はフルスポンサー版と一部スポンサー版が市販されていた., 1997年~1998年の2年間使われた,サスペンダーストライプユニの2nd版.サプライヤーはadidas(デサントのライセンス生産).なお写真のものは,育成世代用., 1996年アジアクラブ選手権用のユニフォームの2nd版.サプライヤーはadidas(デサントライセンス).同年のフランス代表チームの2ndとベースが同じである.ただしフランス代表は,この青版を1stとして使用していない., 1999年と2000年の2年間使用された1stユニフォーム.adidasからデサントへのライセンスが打ち切られ,adidasが直接サプライヤーとなった.フリューゲルスとの合併で初めて背中スポンサーがANAに.初のクラブ名入りエンブレムワッペンとなっているが,「F」が間に合っていない.タイトル数を表す星の刺繍は1つ.2000年版のみ,エンブレム上の星の横に「2000」のマーキングを追加.ただしエンブレム下部のクラブ名は引き続き「F」無し.左肩スポンサーはxanavi., 1999年と2000年の2年間,1stと共に使用された2ndユニフォーム.adidasからデサントへのライセンスが打ち切られ,adidasが直接サプライヤーとなった.フリューゲルスとの合併で初めて背中スポンサーがANAに.初のクラブ名入りエンブレムワッペンとなっているが,「F」が間に合っていない.タイトル数を表す星の刺繍は1つ.2000年版のみ,エンブレム上の星の横に「2000」のマーキングを追加.ただしエンブレム下部のクラブ名は引き続き「F」無し.左肩スポンサーはxanavi., 2001年1stユニフォーム.同時期の2ndと3rdは2002年まで2年間使用されたが,これだけ1年間.旧NISSANロゴ書体(太目で縁取りあり)としての,最終版.しかし1stは過去必ず黄色だったものが,初めて白文字(赤縁)になった.以来,黄色文字のNISSANロゴは,2012年スペシャルユニフォームを除いて出ていない.1990年代のスタンダードであった襟付きとしてもこのモデルが最終.左肩スポンサーは「ふじてんスノーリゾート」に変更.犬のマスコットをあしらった,同じ富士観光開発による運営「富士スバルランド Doggy Park」のワッペンはレプリカ用か?(未確認)., 2001年~2002年2ndユニフォーム.同時期の1stは1年間しか使用されなかったがこちらは2年目も使用.デザインは2001年1stの色違い.左肩スポンサーは「ふじてんスノーリゾート」に変更.犬のマスコットをあしらった,同じ富士観光開発による運営「富士スバルランド Doggy Park」のワッペンはレプリカ用か?(未確認)., 2001年~2002年3rdユニフォーム.3rdユニフォーム設定,そして黒地,いずれも後にも先にもこれだけ.同時期の1stは1年間しか使用されなかったがこちらは一応2年目も使用したことに.デザインは2001年1st&2ndとは少し異なって胸部に青帯.実際に公式戦で使用されたかどうかは,資料がなく不明., 2002年1年間使用された1stユニフォーム.これ以降(スペシャルユニフォームを除き),旧来型の襟がなくなり現代的な丸首フォルムになった.1stはずっと2年間使用が通例であったが,前モデルは1年で終了となった.同デザインの2ndユニは無い.1stユニとしてトリコロールの配色を初めてやめ(赤が無い),青と紺のツートンになった.この理由として,前年度が降格危機・成績不振で,その戒めのため封印したということがよく言われるが,ほかにも,「NISSANロゴのリニューアル元年のため1stだけでもすぐ新しいユニにする必要があった」「創立10周年であった」→「日本サッカー発祥の横浜カントリー&アスレティック・クラブのシンボルカラー”紺×白”をイメージした」などの複合的な要因だったのではないかと推測される.なおNISSANのロゴは細めの新タイプに変わったが,背番号ロゴは前年度のものと同じで,白に銀縁付き.左肩のスポンサーはGEに変わった., 2003年1stユニフォーム.サプライヤーはadidas.1stは3年連続の更新.このユニフォームも1年間だけの使用.紺地に脇の下青のほぼツートンカラーながら,首回りと裾にわずかな赤縁でトリコロール配色の復活.日産自動車70周年記念モデル.このユニフォームで完全優勝を果たす.NISSANのロゴは銀色に.背中スポンサーはANA.フルスポンサーモデルの左肩はGE., 2003年&2004年2ndユニフォーム.サプライヤーはadidas.1stと同時に更新されたが,こちらは2年間使用される.白地で脇が銀色のツートン,肩は黒3本線のデザイン.日産自動車70周年記念モデル.2003年はこのユニフォームで完全優勝を果たし,2004年版では星が2つに増え右肩Jリーグロゴもリーグ覇者のヤタガラスマークに.背中の背番号はメッシュ風の黒文字であるが,スポンサーANAは青文字.ちなみにANAは,1stは白,2ndは青とCIが徹底されており,1999年から途中2013年に至るまで,黒文字だったことは1回も無い.フルスポンサーモデルの左肩はGE., 2004年&2005年の1stユニフォーム.サプライヤーはadidas.実質ほぼモノトーン.肩のトリコロールラインが復活.2004年版は,リーグ戦用としては歴代唯一の星2つユニ.2004年も優勝したため,2005年版は星が3つになっている.いずれも右肩にはJリーグ覇者が付けるJリーグヤタガラスエンブレムが付いているが,つまり意味が違う.この当時はレプリカとオーセンティックが販売されており,オーセンティックはわき腹や裏地にメッシュ素材が使用されている.背中スポンサーはANA.フルスポンサーモデルの左肩はGE., 2004年ACL用の1stユニフォーム.サプライヤーはadidas.2ndと同デザイン.エンブレム上の星が2つ.右肩はJリーグロゴではなく当時のACLロゴ.左肩はAFCのFAIR PLAYシンボルマークのワッペン.背中はスポンサーがなく選手ネーム入り., 2004年ACL用の2ndユニフォーム.サプライヤーはadidas.1stと同デザイン.エンブレム上の星が2つ.右肩はJリーグロゴではなく当時のACLロゴ.左肩はAFCのFAIR PLAYシンボルマークのワッペン.背中はスポンサーがなく選手ネーム入り., 2005年&2006年の2ndユニフォーム.2004年は1stユニフォームのみ更新されたが,2005年は2ndユニフォームのみ更新された.サプライヤーはadidas.グレー時でわきの下と肩回りが黒.白地が使われていない2ndは史上初である.2004年にリーグ優勝したため,エンブレム上の星が3つになっている.以降長い間星は3つ…2004年優勝を受け2005年版の右肩にはJリーグ覇者が付けるJリーグヤタガラスエンブレム,2006年版は通常のJリーグエンブレムである.加えて右肩には,「YOKOHAMA YOKOSUKA」のホームタウンワッペン(文字のみ)が付いた.背中スポンサーはANA.左肩スポンサーはGEから「mlj」(携帯i-modeコンテンツ配信会社)になった.mljはFCバルセロナとのスペシャルマッチを協賛した.この当時はレプリカとオーセンティックが販売されており,オーセンティックはわき腹や裏地にメッシュ素材が使用されている., 2006年の1stユニフォーム.2006年は1stユニフォームのみ更新され2ndは2005年からの灰黒カラーが継続されている.サプライヤーはadidas.2枚生地から,裏地無しの1枚生地に戻る.なぜかadidasロゴが中央上部に移動し,adidasロゴの定位置だったNISSANロゴ右上には,代わりに前番号が入った(このパターンは過去にはこれだけ).右肩にはJリーグエンブレムとその下の「YOKOHAMA YOKOSUKA」のホームタウンワッペン.背中スポンサーはANA.左肩スポンサーは「mlj」.左袖にはadidasの当時のadidas製ボール「チームガイスト」のロゴがプリントされている., 2007年の1stユニフォーム.前年まで1stと2ndの交互リニューアルが多かったが,すっきり同時更新となった.デザインも同じで色違い.脇の白と赤の曲線メッシュ地ラインが特徴で,両肩ラインもトリコロール.デザイン的な人気が高い.サプライヤーはadidas.adidasロゴが首元にあること,前番号がNISSAN右上にあることは前モデルから継続.右肩にはJリーグエンブレムとその下の「YOKOHAMA YOKOSUKA」のホームタウンワッペン.背中スポンサーはANA.左肩スポンサーは「mlj」.左袖にはadidasの当時のadidas製ボール「チームガイスト」のロゴがプリントされている.このプリントを圧着するスペースを設けるために,左袖先だけ生地の合わせ方を変えて三色ラインを中断している.よもや翌年からNIKEに変わろうとは予想しなかった., 2007年の2ndユニフォーム.前年まで1stと2ndの交互リニューアルが多かったが,すっきり同時更新となった.デザインも同じで色違となる白地.脇の青と赤の曲線メッシュ地ラインが特徴で,両肩ラインもトリコロール.デザイン的な人気が高い.サプライヤーはadidas.adidasロゴが首元にあること,前番号がNISSAN右上にあることは前モデルから継続.右肩にはJリーグエンブレムとその下の「YOKOHAMA YOKOSUKA」のホームタウンワッペン.背中スポンサーはANA.左肩スポンサーは「mlj」.左袖にはadidasの当時のadidas製ボール「チームガイスト」のロゴがプリントされている.このプリントを圧着するスペースを設けるために,左袖先だけ生地の合わせ方を変えて三色ラインを中断している.よもや翌年からNIKEに変わろうとは予想しなかった., 2008年の1stユニフォーム.衝撃のサプライヤー変更.(当時2008年~2015年の8年総額30億円の契約と報じられたが,実際は4年間で打ち切られ2012年から再びadidasが取り返した.)もちろん1stと2ndの同時更新で,デザインも同じ色違い.adidas特有の肩3線がなくなった.エンブレムが高級感のあるワッペンで,NIKEロゴとタイトルの3つ星が刺繍になる.首の後ろには薄くエンブレムのマーキング.背中裾にも薄くPRIDE OF TRICOLOREマーキングなどのギミックが多い.右肩のJリーグエンブレムはワッペンから圧着シートに.その下の「YOKOHAMA YOKOSUKA」のホームタウンワッペンはそれぞれの町をイメージした絵柄が入った.背中スポンサーはANAだが,左肩スポンサーは2008年版は無し.2009年版は「メガネスーパー」.2009年版の,2008年版との違いとして,このメガネスーパーのほか,背中に選手ネームが入ったこと(以降ずっと入る),右肩「YOKOHAMA YOKOSUKA」の代わりに「(たねまる)横濱開港150周年」+「YOKOSUKA」になったことなどがある.ネームとして本名ではなく愛称を使った(中澤佑二→BOMBER,清水範久→JIRO)のはこの時のマリノスがJリーグ初である..

ニイタカ Nスター 在庫あり 14, ドルフロ K2 強い 19, のど自慢 2020 予定 5, Cx30 ヴェゼル 比較 4, 恐竜 クイズ プリント 13, ヒロアカ アメリカ 売上 57, 明智光秀 兜 耳 9, ジャニーズ 作曲家 外国人 6, 名古屋 アイドル デビュー 10, ベープ 虫 よ け 4, Naruto 夢小説 成り代わり 4, Smap ツイッター Kero 4, 男性からのプレゼント ネックレス 意味 4, イオンカード 欅坂 デザイン 12, 出光昭和シェル 超小型ev 価格 10, 工事見積書 無料 テンプレート 6, 二ノ国 モコモコ 何者 7, Cod 8 スコ 入手方法 9, 営業 女 顔 11, 映画 アルセウス コードフリーク 6, 恋のバカンス 歌詞 無料 28, フィギュアスケート 男子 離婚 5, Pso2 北米版 評価 15, 家ついて行ってイイですか ゴミ屋敷 下北沢 9, Call A B 導入 41, 個人差あります ネタバレ 50話 31, 腓骨神経麻痺 低周波 効果 53, Pso2 4スロ 打撃 5, 映画 おすすめ 洋画 マイナー 6, 生食パン 藤沢 石川 8, 仙台 大宮 新幹線 5, 硝子様変性 フィブリノイド変性 違い 20, やんけ 方言 岐阜 37, 初恋 ツルゲーネフ 読書 感想 文 7, 猫 足 硬直 4, 宮田早苗 若い 頃 26, 月 の 重力 脱出速度 4, カイモノラボ ラブクロム モデル 10, 天皇の料理番 宇佐美 俳優 4, ナイトワーク 副業 バレる 6, 聖光学院 甲子園 いちゃつき 4, Tokio 農家 人気 4, マララギダイン マハラギダイン 違い 6, Major 2nd Raw Chapter 200 8, 元妻 清水香織 佐々木主浩 妻 35, 中野梓 フィギュア 等身大 5, Zdr Viewer Type04 28, 研究する 人生 事件 10, 美少年 うき しょう 6, 無印 カーテン 短い 16, 海水 飲む 幻覚 22, Buzz Me 意味 4, アリゲーター クロコダイル 違い 英語 8, ホテルオークラ つくば フレンチトースト 4, Core I5 6500 Passmark 6, 蚊 がい なくなる スプレーb 27, Beautiful Shoes Hyke 7, Good Day ビジネスメール 30, Iqサプリ 2019 動画 7, Planner 割り当て 複数 23, ひるおび 動画 Youtube 38, サガ スカーレット グレイス ひどい 42, ホリケン とんねるず ベッド 7, Wリーグ 引退 2019 4,

株式会社 大阪華聯旅行社
大 阪 華 僑 総 会

〒550-0004
大阪市西区靭本町3-9-18
TEL:06‐6448‐0541
FAX:06‐6448‐0545
WeChat ID:osa0541

メールお問い合わせ 画像 業務時間:10:00~15:00      (土・日・祝 休業)

大阪華僑総会/大阪華聯旅行社のFacebookページです。 是非ご覧ください!!
本会では手ぶら観光 手荷物預かりサービスを承っております。是非ご利用ください。 (⇧手ぶら観光サービスとは?)

【規約・料金表 中文】

【規約・料金表 英文】

【規約・料金表 日文】

  『中秋明月祭大阪』    のホームページです。
2020年11月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30